天白の整体 カイロプラクティック院 楽癒|新着情報

発達障がいCSTモニター結果アンケートASP男子3歳

発達障がいCSTモニター結果アンケートASP男子3歳

2016.05.02
発達障がい自閉症CST臨床モニターを受けられた方のお母様からのアンケート結果です。
3歳の男子 2014年1月に初診   2015年2月に記入されたものです。

以下 アンケートの内容を 再タイピングしました。

・初診時における知的、情緒的症状、生活上の問題点をお書きください。

初診の頃は発語も少なく、ほぼ自分からの発語の為、こちらからの質問に答えるようなコミュニケーションの取り方はできませんでした。こだわりが強く好きな物事への執着や反復行動も多い方でした。言葉の理解ができない為、市の幼児教室などで絵本を見たり 製作に興味が持てず 参加できませんでした。また、加減ができず 声の大きさ や ちから など 全てにおいて ゼロか100という感じで 落着きもありませんでした。個人の世界ばかりで 自分の欲求だけで 他を見ない言動が強くあります。
運動面は良く 加減ができれば 遅れを感じることはありませんでした。病院や散髪 爪切り 歯医者を嫌がることなく困りませんでした。思い通りにいかないと 癇癪を起すことは多くありました。


・知的な面における 初診から現在に至る症状の改善変化をお書きください。
初診から半年で言葉の理解ができるようになり コミュニケーションが取れるようになりました。
以前より自己発信は多かったのですが こちらからの質問に応えたり 指示が通るようになってきました。その為 生活における全てがスムーズに良くなってきました。
初診後から 色の識別ができるようになり 現在12色の使い分けはできています。
算数も理解できるようになり 100まで数えることと 現在 一ケタの足し算はできています。
文字への興味も徐々にでてきていて読み書きが少しずつ進んでいます。
ただ 急に進むタイプではないらしく 半分理解するまでに時間がかかります。
製作では 初診の頃は落ち着いて座って居りませんでしたが 現在は少し雑な所はありますが 皆と同じように全体指示で取り組むことができています。元々 落ち着いて丁寧に取り組むことが苦手な息子ですが お手本をしっかり見て 分からない所を確認して仕上げることができています。
言語面は急激な伸びはありませんが 徐々に進んでいます。助詞の間違いがあったり 時間の感覚は まだ曖昧ですが 本人は使おうとしています。


・情緒的な面における初診から現在に至る症状の改善変化をお書きください。
一歳代の頃は 常に自分の世界で遊びでしたが 二歳の中頃より周りを意識し他害が始まりました。一緒に遊ぶことは できておらず 自分の邪魔になる子は叩くという事の繰り返しでした。「ダメ!」と言う言葉にも敏感に反応し叩いていました。毎度 厳しく注意をしましたが 理解できていない様で他害はおさまりませんでした。
初診から2か月ころから 少しおさまってきましたが まだ相手に攻撃的な事を言われたり されたりすると手が出ていました。
通院して4か月後には 他害は ほとんどなくなっていました。現在は余程のことがない限り 手が出ることはなくなりました。
初診時は思い通りにならない事があると泣き崩れ 何を言っても耳に入らず 怒りがおさまるまで待つことしかできませんでしたが現在は癇癪を起こし崩れることも少なくなってきました。
幼稚園では 友達との遊びでうまくいかなかったり 我慢ができないことが起こった時に泣くことはあるようですが 交換条件や妥協案が理解できるようになり それを受け入れて切り替えることができるようになっています。
状況や言葉の理解が できるようになったことで 落ち着いて周りを見ることができ 慌てることも減ってきていると思います。
幼い頃から ずっと集団の中で 歌を歌ったり 手遊びや体操 製作もやりたがらず 先生にも 懐きませんでしたが 初診後は 人が好きになり 先生達とも 挨拶をしたり コミュニケーションをとるように なってきました。手遊びや歌 体操も いつの間にか嫌がることもなくなり できるようになっていました。そして コミュニケーションを取ろうとして 上手く距離感がつかめない為 近すぎて 受け入れてもらえないことが多くなりましたが だいぶ 言葉のかけ方や振る舞いが合ってきているように見え 現在は後一歩の所だと楽しみに思っています。
まだ 違和感を感じますが 言葉の遅れも原因のように見えるので 言葉が進めば 違和感は減るかと期待しています。微妙な空気感の読み取りは なかなか苦手です。しかし初診後から 徐々に良くなってきていると思います。
  

・モニターについて技術や対応など 良かった点 悪かった点をお書きください。

施術については 初めて受けさせて戴きましたが 説明も詳しく 分かりやすく話して戴けました。
症例なども聞かせて戴き 必ず良くなると 言って下さり 期待を持って受けさせて戴いています。
始めのうちは 息子も落ち着かず ずっと長い間 ベットに寝ていられなかったのですが 
根気よく通い 根気よく接して戴いてCSTの効果でしょうか、じっと 寝ることもできるようになりました。
通うことで 知的情緒など様々な面で 前進が確認できましたので とても良かった と 感じております。
療育に通ってみえる同じ歳の方と比べて 確かにCSTを受けた息子は急に変わってきていると実感しています。

以上 が お母さまの原文の文字起こしです。

なお、信憑性に欠きますが氏名や写真は 個人情報の守秘義務の観点から 表示していません。

頭蓋仙骨療法CSTの発達障がいカナダプログラムの臨床技術は 開発先端の手技です。
個人差はありますが 必ず 良い方向へ 導くと自負しております。

ご参考になさってみてください。
院長 Fumio Itou
   伊藤    文夫

<< 一覧へ戻る

TEL:052-806-2688/メールはこちら

  • お得な情報
  • よくある質問
  • 国際基準のカイロって?
  • 院案内
  • お問い合わせ

Information

肩こり、腰痛などでお悩みの方は
カイロプラクティック院
楽癒
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山2-811
【営業時間】 10:00~21:00
【定休日】 木・日曜日、祝日
ご予約・お問い合わせ※完全予約制  TEL:052-806-2688

Page Top